完全復活の様相だ。昨年8月、かかりつけ医師とのダブル不倫を報じられ、窮地に追い込まれたかに思われた斉藤由貴(51)。先週、フジテレビ系特別ドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)で7カ月ぶりに復帰することが明らかになった。ほかにも年内公開の映画など、仕事のオファーがひっきりなしに来ているらしい。

「所属事務所の迅速な対応が功を奏した格好です。不倫発覚後、斉藤はすぐに釈明会見を開き、CMを降板。出演が決まっていた大河ドラマ『西郷どん』の出演も辞退しました。メディアから完全に姿を消し去ることで“ケジメ”を演出したのです」(芸能関係者)

 それでも事務所が不安を拭えないのが斉藤のバカ正直な性格だという。斉藤は釈明会見で「あの~」「えっと~」「はあ~」を連発し、報道陣をケムに巻いたが、最終的に相手に好意があることは認めた。

 斉藤は1991年に故・尾崎豊との不倫発覚後に「彼と私は同志みたいなもの」と語り、93年に川崎麻世と浮名を流した時も「報道されて、みんなに言われて謝っている感じ」と漏らしてバッシングを受けた。今回もそんな彼女の本音を引き出そうとメディアが接触を試みている。