「酒に酔っていたずらで」犬に粘着テープ巻いた飼い主を書類送検

※画像はイメージです。

千葉県で、飼っていた小型犬に粘着テープを巻き右目付近の皮膚を傷付けたとして、警船橋東署は16日、動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで自称運送業の男性(53)を書類送検した。

犬は現在、新たな飼い主の元へ引き取られたという。