8歳男児、父が所持していた”覚せい剤”を食べて死亡

アメリカで、8歳の男児が父親の所持する”覚醒剤”を食べて死亡したことが分かった。

なんと、朝食のシリアルと間違えたようだが…。